0

ゴールデン街で

会いに来てくれるろくでなし(AKB48風)をテーマに、ろくでなし子が自身を提供するサービス「ろくでなし子レンタル」、

筆不精のためなかなかブログを更新できませんが、ありがたくもコンスタントにご利用いただいております!

先日は、転職活動中のSさんにゴールデン街の「たちばな診察室」で1杯お誘いいただきました。

ご存知かもしれませんが、たちばな診察室といっても、病院じゃありませんヨ。

内装が診察室風の飲み屋さん。

人体標本に囲まれながら、ビーカーにつがれたお酒と、銀の膿盆に入れられたおつまみを

いただきまーす⭐︎

   
 ゴールデン街といえば、いかにもろくでなし子にふさわしい飲み屋街ですが、

実はそんなにこの地で飲むことがありませんでした。

あまりにろくでなし過ぎて、ズブスブになるのが怖いのです。

だからこの日は飲み過ぎないようにちょっと気をつけてましたが、

Sさんが披露してくださる医薬品を作るお話(診察室にふさわしいテーマ!)がとても興味深くて、結局飲んでしまいました⭐︎

誰でも病気になったら当たり前に飲んでいるお薬。

そういえばどうやって作っているのかは、あまり考えたことがありませんでした。

化学反応の数式とか難しそうだし…

そもそも薬は苦くておいしくないし…

と、あまりご縁がないと思っていた医学の世界でしたが、

微生物(細菌とかカビとか)に作らせる方法もあると知り、

それって、お酒の製法と同じ(酵母菌でブドウ糖を発酵させる)と気づいたら、俄然興味がわいてきました。

実は、ろくでなし子の趣味は酒作りなのです。

(日本では酒税法により1パーセント以下のアルコールしか作れませんけどネ!)

(ついでにいうと、二度目の逮捕時も、ろくでなし子は自家製どぶろくを作っていました…あと3日で飲めたのに、留置場にしょっぴかれ、結局飲めずじまいでした⭐︎)

Sさま、この日は楽しいお話をお聞かせくださりありがとうございました!

ろくでなし子も新薬の開発してみたいナ!

そういえば、小保方さんってどうしてるのかなぁ??

   
 

0

まん国際的に

会いに来てくれるろくでなし(AKB48風)をテーマに、ろくでなし子が自身を提供するサービス「ろくでなし子レンタル」、
 
最近同じまんこ持ちの女性にレンタルしていただくのが続いてうれしいです。
 
この日もとってもかわいらしい方とランチさせていただきましたヨ!
 
「まやねーずと呼んでください⭐︎」とかわいらしく微笑まれるので、てっきり学生さんかと思ったら、主婦の方でした。
 
かわいいまやねーずさまに「ろくでなし子さんにずっとお会いしたかったんです!」と言われて胸がキュンとしてしまいました。
 
わたしが男だったら即ナンパしとる…!
 
「ろくでなし子さんのことを知ったのは、逮捕された時のテレビのニュースでした。初めて見た瞬間、この人は何も悪いことしてない!って直感で思いました。」
 
そこで「ろくでなし子」をネットで調べたら、でてきたのが、”3Dまんこボートプロジェクト”…。
 
 
「誰も考えたこともないことをやっちゃうたのしい人だな、この人、ちょうウケる!!って思って、夫に『ろくでなし子さんに会いたい、会いたい』って言いまくってたんですよー!だから今日はうれしいでーす(笑)」
 
 
いやいや、うれしいのはわたしの方ですって!
 
「いやらしいもの」「汚らわしいもの」とさげすまれてきたまんこを明るくたのしくポップにしたいと思ってはじめたこの活動。
 
なのに当初は「まんこ見せて〜」という勘違い男ばかり集まってきて、わたしの真意は伝わらないのかとなんどもくじけそうになりました。
 
わたしが最も伝えたかったのは、まやねーずさまのようにまんこを持ってるごく普通の女性たちだったのですから…。
 
さて、そんなまやねーずさまは、子供の頃はメキシコに住んでいたそうです。
 
 
「メキシコの男の子たち、おもしろいんですよ。日本人の女のまんこはどうなってるのかって本気で聞かれたことがあって。どうもメキシコ人とは違って横に裂けてるとか、ふつうのまんこじゃないと思い込んでるみたいで。んなわけないだろうって!あはははは」
 
 
日本人がまんこをあまりにも隠すから、海外の人も偏見もってしまうんでしょうかね??
 
メキシコの童貞くんたち、日本人のまんこもあなた方と同じまんこですヨー
 
 
「だけどメキシコはアダルトショップは女性のためのものなんですよ。お店にきてる人はほとんど女の人。日本とは全然違うんです。」
 
 
へー!それは意外ですね。
 
…いやでも、バイブレーターってほぼまんこに使うものだから(アナル用、男性用もあるけど)、よく考えたら女の人が買いにくるのが当たり前のはず…。日本がおかしいのか。
 
 
「だからその感覚で日本のアダルトショップに入ったら、男の人の視線がものすごいし、気持ち悪い人にあとつけられたりして、ちょう怖かったです」
 
 
わかります。ろくでなし子も女性向けアダルトショップでデコまんを展示してたというと、エロい目でしか見られません(フェミニストが経営していたお店なのに)。
 
やっぱり日本って世界基準でみたら性に対してものすごく歪んでる。
人間なら男女問わず性欲があるのは当たり前なのに、
女が性をおおらかに楽しむことは許されない。
たのしむとしたら「俺たち男のためだけ」としか考えられない心の狭さ。
 
…おっと、つい愚痴ってしまいました。たのしいお茶会なのに!
 
 
「話変わりますけど、わたしの両親もアーティストなんですよね。
両親もろくでなし子さんみたいに型取りしてましたよ(笑)」
 
 
えっ。マジですか!
 
 
「まんこというより人間の体全身。ドラム缶に印象材を入れてその中に入ってとったことがあるって。すごい大掛かりだったけど、今だったら3Dスキャンでできますね〜」
 
 
うん、できるできる。日本じゃ逮捕されちゃいますけどね(笑)
 
 
まやねーずさまのたのしいメキシコ時代のお話やご両親のお話など聞いていたら、
日本ってなんだかどうでもいい事にネチネチしていてつくづくいやーな国だなぁと思えてきましたが、
 
まやねーずさまのキラキラした笑顔でとっても癒されました。
 
こういうすてきな女性がたくさん増えたら世の中もっと明るくなるのにナ!
 
とはいえ、まやねーずさまにお会いできたのも、元をたどればわたしが逮捕されてテレビで報道されたのがきっかけです。
 
禍を転じて福と為す。
 
これからもろくでなし子を待ち受ける禍は数知れないでしょうけど、
なんど転んでも倍返しで起き上がって、
まんこの話を笑顔で語れる女性をたくさん増やしたい

そう強く思うろくでなし子でした。
 
 
まやねーずさま、ろくでなし子をレンタルしてくれてありがとうございます⭐︎
 
次回裁判(10月15日)にもよかったら遊びに来てくださいネ!

   
 

0

スピリチュアルまんこナイト

会いに来てくれるろくでなし(AKB48風)をテーマに、ろくでなし子が自身を提供するサービス「ろくでなし子レンタル」、
 
引き続き、女性のお客様が続いております。
 
この日は、赤坂のカニがメインの高級韓国料理店に誘っていただきました。
 
レンタル主はシャネルのネックレスがお似合いの美魔女・Lさま。
 
お友達の(これまた美女の)Iさまを連れて来てくださり、急遽、すてき女子会になりました。
 
ろくでなし子が赤坂で女子会って、我ながら場ちがいでキョドってしまいましたが、
 
LさまもIさまも、勝手がわからないろくでなし子にケジャンの食べ方までやさしく丁寧に教えてくださいました。
 
それにしてもなぜ、ろくでなし子とは住む世界が違うような女性が、よりによってろくでなし子レンタルを…!?
 
 
「最近わたし、まんこを解放できるようになったんです!」
 
 
と、Lさま。
 
えっ、まんこを解放???
 
「あることを機に、自分の大切なまんこについて自分が今までどれほど無関心だったか気がついたんです(笑)それからは性に関するカルチャースクールで勉強したりして、お友達もたくさん増えました。」
 
「ろくでなし子さんのこのレンタルのことも、Facebookの友達がいいね!をしていた投稿をたまたま見て、『たのしそう!これは予約せねば!』と、すぐ申し込んだんです(笑)」
 
性のカルチャースクール…ってどんな勉強するんですか!?
 
「まぁいろいろあるんですけど、最近はジェムリンガにはまってます。ウフフ。」
 
ジェムリンガ…なんか聞いたことあるような、ないような…。あ、まんこに入れる膣トレーニングボールみたいなやつですかね!?
 
「膣トレっていうより、もっとスピリチュアルに近いかなぁ。パワーストーンってあるでしょう?ふつうは手首につけるブレスレットが一般的だけど。それを膣の中に入れていると、本来自分が持っていたはずの良い状態に変化させてくれるんです。
今日、実物持ってるからお見せしますね。」
 
おおっ!…こ、これをまんこの中に入るんですか???
パッと見はきれいなパワーストーンの髪飾りみたいですね。
 
  

(ジェムリンガ参考画像 出典matome.naver.jp)
 
「わたし、実はもともと膣の入り口がちいさくてセックスをぜんぜん楽しめなかったんです。自分の指を入れるのも痛くて怖かったんですけど、ジェムリンガなら入るようになって。
見た目も綺麗でかわいいし、こういうので少しづつ体が変わっていけばいいなと思って(笑)」

 
…実はろくでなし子、「膣の入り口が狭くて性交渉が辛いorできない」というお悩みを今年に入って3人の方から聞いています
どなたもLさまのようにほっそり痩せた女性でした。
意外と多いお悩みなのかも?
 
解決法としては、婦人科か整形外科で膣の入り口を切開して広げる(保険適用でできるそう)のが一般的のようですが、痛いのが苦手な人にはハードルの高い手段でしょう。
(ろくでなし子もまんこのビラビラを整形手術で切除しましたが、痛すぎて漫画のネタに困りませんでした)
 

切除するよりは、自分のお気に入りの道具で膣の入り口を広げるトレーニングの方がいくらかマシかも
しれません。
 
 
「ある説によれば、まんこは神様の通る道とつながっているから、まんこを活性化させると金運も上がるんですって。いい事だらけじゃないですか〜(*^^*)」
 
 
まんこを活性化させれば金運UP!!すばらしい!
 
スピリチュアルやパワーストーンの効果については、ろくでなし子は否定も肯定もしません。
信じる、信じないはその人の自由。
綺麗な石を見ているとなんだか癒された気分になるならそれだけで効果があるといえますし、一方で「そんなのインチキだ」と思う人には、その思い通りにしかならないのだと思います。
 
ろくでなし子もこう見えて星占いが大好きです。当たる・当たらないはどうでもいい、当たらなくても楽しいのです。
 
キラキラした目で楽しそうに語るLさまのお話を聞いていたら、ろくでなし子もなにか具体的にまんこにいいことしたくなってきました。
 
でも、ろくでなし子が自分のまんこに一番食べさせたいのは、やっぱりおいしいちんこかな!(^o^)
 

それにしても、美味しいカニ汁をすすりつつ、女同志で「まんこ」をれんこしながら赤坂の韓国料理店でたのしくおしゃべりできる日が来るとは、去年までのろくでなし子は思ってもみませんでした。今、とっても幸せです。
 
Lさま、Iさま、ろくでなし子をレンタルしてくださりありがとうございます。
 
せっかく女として生まれてきたのです。
 
大切なまんこに自お気に入りのおいしいものを食べさせ、性をいつまでも謳歌していきましょうネ⭐︎
   

   

0

闘うvagina children

会いに来てくれるろくでなし(AKB48風)をテーマに、ろくでなし子が自身を提供するサービス「ろくでなし子レンタル」、

 

男性のお客様が続いていましたが、今週は女性のお客様が続いております。
 

性別で差別はしたくないけれど、やはり同じまんこを持つ女性の方々に支持していただけるのは、本当にうれしいです。
 
この日、二重橋前のカフェでお会いしたのは、ろくでなし子と同年代のvagina child(仮名)さま。
 

お仕事はお医者さま
だと聞いて、ろくでなし子は思わずじっと手を見てしまいました。
 
43年も生きてきて、わたしは役に立たないことばかりして逮捕までされました。
 
かたや、人の命を救う立派なお医者さま……。人生って残酷です。
 
そんな太陽がふりそそぐ輝かしい道を堂々と歩まれてきたような方が、なぜにこんなろくでなしをごレンタル???
 
しかし、vagina childさまは意外なことを仰いました。
 
 
わたしも毎日闘っているので、ろくでなし子さんに励まされているんです。」
 
 
えっ?ろくでなし子はたしかにまんこに無理解な人たちや警察と闘ってますけど、お医者さまは世の中から尊敬されこそすれ、闘う相手なんていないんじゃあ??
 
「医療はけっこう泥を這うようなこと、すっぱり割り切れないことがたくさんあります。私の闘いも不器用な闘いです。
 

現在の水準で出来る限りのことをしたのに、残念ながら助からなかった患者の遺族に訴えられることもありますし…。
 

誰がやっても助からないような大変な手術をした医者が、結局逮捕されてしまった事件がありました。医療に過失があれば別ですが、他の医者でも同じ結果だろうことでの逮捕は本当に怖いです。後で聞いたらろくでなし子さんが留置場で受けたように、きつい取り調べを受けた人もいたそうです。
 
わたしもいつ、そのような立場になってもおかしくない。そんな緊張感を常に持ち続けて仕事をしてます。」
 
 
そ、それはたしかに肩の荷が重いですね!
 
 
「あやしい情報(デマ、陰謀ふくめて幅広く)を信じて有効な治療(医師が押しつけてるっていうより、本当に助けてくれるもの)を受けたがらない人もいます。きちんと治療すれば治るかもしれないのに、間違った知識をかたくなに信じてる。そういう人をどうやって助けよう?という「闘い」もあって…。」
 
 

なるほど!そういえばわたしの知り合いにも、背中にガラスの真空カップをかぶせて皮膚を吸わせると悪い血を吸い上げてダイエットにいいとかいうあやしい治療に通ってる人がいましたが、Facebookに背中が水ぶくれだらけのヤバい写真のせてて心配になりました…。
 
ってか、そういう人を正しい道に導くのも大変そうですね…。
 
 

「そう、何かを伝えるにしても、説得力が大事なんです。医者という仕事は世間的には説得力がある方ですけど、それが届かない人もいるので。
 
だけど、単に「それは違う!」と伝えたところで耳を傾けてもらえない。
 
だから、なし子さんの「笑い」と「敵(意見の違う人)も愛する姿勢」に学んでます!
警察にも有名にしてくれて感謝!とか、延長サービスとか言ってるから(笑)」
 
 

説得力は大事、わかります!わたしも3年前からまんこのまん権を叫んで、今では裁判で闘ってますけど、ろくでなし子なんて名前だからぜんぜん説得力ないの。あはははは!
 
 
「でも、わたしはろくでなし子さんの作品を見たら一発で、言いたいことがわかりましたよ」
 
 

本当ですか!それはうれしいです!
 
 

「わたしも女性の下半身を診察することもあるんですけど、「おっぱい」は言えても、「まんこ」はなかなか言えないんです。それっておかしな事ですよね。体の名前を言えないなんて。
 
そういう当たり前のことを、ろくでなし子さんは素直に主張してる。
しかも、名前や顔をだして矢面に立って。
 
わたしが「闘っている」といっても、どこか批判を恐れて、さすがに名前は出せません。だから、ろくでなし子さんには本当にがんばってほしいんです」
 
 

ええーっ。…まんこまんこ言ってるだけなのに、なんだかありがとうございます!
 

わたしの場合、逮捕されてからテレビやネットで本名や年齢や住所の大部分までさらされちゃったから、もう開き直るしかないんですよーwww
 

でも、vagina childさまにそう言っていただけて、ろくでなし子はおおいに励まされました!
 
向き合い方は違えども、vagina childさまも日々闘っていらっしゃる。
 
ろくでなし子はこの日ちょっと泣きそうになりました。
 
ずっと孤独な闘いだと思ってきましたが、素敵な同志にお会いできたのです。
 
まんこちゃんを病院の受付に飾ってくださいと言ったら、
 
「喜んで!」とニッコリしてくださったvagina childさま。
 
ろくでなし子はこの日、感動しすぎて、vagina childさまとツーショットでお写真を撮るのをうっかり忘れてしまいましたが、

さわやかな vagina childさまの笑顔を忘れる事はないでしょう。
 
次に vagina childさまにお会いするときは、ろくでなし子も裁判でたのしい報告をできたらいいなと思います。

  
追伸:後日、vagina childさまからこのようなご感想をいただきました。
 
 

”なし子さんに会ったおかげで、まんこネタで会話したことない人にも

話すきっかけになりました。

蓄光まんこちゃんは機能が面白くて

子供が親しんでるのでしめしめと思っています。

賛同してくれた知人の医者にもあげるつもりで

グッズがあるとこういう風に交流しやすくなりますね。

まんこ柄の手ぬぐいとか浴衣とかも欲しい🎵

過激で下品だからまんこって言ってるんじゃない

普通でお茶目なんだ(なし子さんの武器)という空気を広げたいです。”
 
 

vagina childさま、ほんとうにありがとうございます(*^^*)